ヘルパーって仕事は廃止された?制度改正で変わった仕事や給料の話

ヘルパーって仕事は廃止された?制度改正で変わった仕事や給料の話

ヘルパーの仕事

介護の仕事に携わったことのある方なら「ヘルパー」という言葉を耳にしたことがあると思います。ヘルパーとはホームヘルパーのことを言い、1級、2級、3級あるいは介護職員基礎研修というものがありました。

しかし、2009年にホームヘルパー3級、2012年にホームヘルパー1級、2級と介護職員基礎研修が廃止、現在はホームヘルパー2級が介護職員初任者研修へ移行し、1級と介護職員基礎研修が実務者研修へと移行になりました。

  • ホームヘルパー3級 → 廃止
  • ホームヘルパー2級 → 介護職員初任者研修
  • ホームヘルパー1級 → 実務者研修
  • 介護職員基礎研修   → 実務者研修

いきなり漢字が羅列して頭の中が混乱しそうですね。私たちの聴きなじみのあるホームヘルパーという名称は、2012年の時点で廃止となっていました。

では、廃止・改訂によりどんな点に変更があったのか、仕事内容や給料がどうなったのかなどをご説明します。

介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修とは、旧ホームヘルパー2級のことを言います。介護の仕事をしたい方は、まずはこの初任者研修から取得するというのが一般的です。

以前はホームヘルパーや介護職員基礎研修を修了しても、その後に決まったキャリアパスはありませんでした。そのため、研修や資格が複雑化するという問題がありました。

そこでこの課題を解決するためにホームヘルパーを廃止し、介護職員初任者研修に一本化することになりました。これによって、初任者研修・実務者研修を修了し、実務経験3年以上積んだ方であれば、介護福祉士資格が取得できるようになりました。

ですから、初任者研修を修了することが介護福祉士への第一歩となります。介護福祉士を目指している方、介護の現場で長期間働きたい方にとって初任者研修は登竜門です。

介護職員初任者研修の仕事内容

初任者研修の仕事内容は勤務地によって少し異なります。

訪問介護

修了者の中で、最も多く働いている勤務地が「訪問介護」です。訪問介護は、高齢者や障がい者の家に行き、料理を作ったり掃除をしたりする仕事です。

それいがいにも、通院している病院に一緒に出かける、散歩をするなど、臨機応変に対応が求められます。

介護度が高い利用者様の場合は、排泄(はいせつ)の補助や、着替えの補助など、身体介護も行います。1件1時間程度で、1日に何件か回ります。

介護施設

次に多いのが介護施設での勤務です。介護施設では、身体介護の仕事が中心となります。施設に入所している利用者様や、短期間利用するショートステイの利用者様のお世話をします。

勤務は交代制となっており、早番・遅番・夜勤と言った三つの交代制が多いです。その中で食事・排泄・入浴と言った身体介護を行ったり、利用者様の日々の変化の観察が必要となってきます。

施設では認知症の方や疾病がある方、感染症の方などさまざまな利用者様が入所しているので、その利用者様に合った介護を提供していきます。

その他

他にはデイサービスであったり病院での勤務もあります。デイサービスは身体介護の他に、送迎サービスやレクリエーションの提供などがあります。レクリエーションは実際に介護職員が考えて、利用者様に提供することが多いです。

病院では看護師の補助作業が多く、食事介助や排泄介助といった身体介護が中心的な仕事となります。

介護職員の気になるお給料の話

介護職員の給料は決して高くありません。月収は15万から20万円程度です。ボーナスの支給もそこまで期待できません。年収で見ると平均333万円。重労働の割に給与は低いイメージがあります。

施設勤務の方は夜勤もあるため、平均よりも給料が多くもらえます。しかし、施設勤務は交代制となるため、他の勤務地より勤務時間が長く重労働といった特徴があります。

訪問介護やデイサービスは、施設勤務よりも拘束時間はそれほど長くありません。場所によっては1時間から働けるところも多く、一日に数件回る程度なので融通も利きます。

デイサービスの場合も営業時間があるため、大体8時から18時内の勤務となります。夜勤はありません。

体力的に自信がない方や、主婦などの時間の融通が効く方がいい方は、訪問介護やデイサービスがおすすめです。給料は期待できませんが、それも一つの選択肢です。

介護職は施設によって夜勤手当や資格手当は異なるため、給料も異なりますが、全体として低いのが現実です。パートやアルバイトの時給も800円から1000円くらいなので、月収15万円くらいでしょう。

給料アップを目指したい方はやはり初任者研修の資格を取って、介護福祉士資格を目指すといいでしょう。

介護職員初任者研修の資格について

旧ホームヘルパー2級と介護職員初任者研修では、資格取得に異なる点があります。変更点は次の3点です。

  • 施設実習時間
  • 実技実習時間
  • 筆記試験の有無

まず、初任者研修では施設での実習時間がなくなりました。以前は30時間の実習時間がありましたが、現在は全くありません。その代わりに、実技の時間が増えました。新たにカリキュラムとして「認知症の理解」と「障害の理解」が追加されました。

そして、一番の変更点は筆記試験が課せられることになったことです。以前は必要なかったのですが、実習時間修了後に試験を受けなくてはいけません。

この変更点を見ても分かるように、施設での実習よりも筆記の方に重点を置いていることが分かります。この資格ではあくまで基本を学ぶことを優先していると考えられます。

まとめ

ホームヘルパー2級から介護職員初任者研修へと名称が変わったこの資格。変更された背景には「高齢化問題」や「介護職員の離職率の問題」がありました。

今後、高齢者の数はどんどん増え、介護を必要とする人たちも増えてきます。そのため介護福祉士を始めとする専門員は、今以上に重要視されることになります。

今のうちに初任者研修を取得し、介護の現場で実績を積んでおくのはいかがでしょうか。高齢化が進む日本では、将来、今以上に注目を浴びる職種となるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする