介護で働くなら日勤?夜勤?それぞれのメリットデメリット

介護で働くなら日勤?夜勤?それぞれのメリットデメリット

介護 日勤 夜勤

介護で働く目的は何か?

介護の仕事をしてみて介護業界には二種類の人間がいるなぁ…と思いました。

それは人の役に立つ仕事が好きで、介護の仕事に理想を持っている人。もうひとつのタイプは、介護がやりたい訳ではないけど他に働ける職場がなかったので、仕方なく介護をしている人です。

後者のタイプの人は介護でも夜勤専門をオススメします。

介護の夜勤は基本1人か二人

大きな施設だと夜勤スタッフは2~3人居る場合もあると思いますが、小さい個人でやっているような施設だと基本的に夜勤は1人の所が多いです。

夜から朝までの見守りが主な仕事ですが、1人なので最低限やらなければいけない事をしていれば後は自由時間です。

正直、真面目に仕事していようが、サボっていようが極端な場合を除いては他の人にばれる事はありません。

メリットは自由時間が多い事

介護施設では日中だといろんな「レクレーション」や「行事」、「外出支援」などがあります。ですから、そういうのがニガテな人は夜勤専門がやりやすいと思います。

手のかからない自立度が高い利用者の方の場合は、トイレ誘導やオムツ交換もしなくていいので、基本見守りと生活記録なども書いていれば、あとは自由時間という所が多いとおもいます。

デメリットは何かあった時は自分の責任

夜勤は1人なので利用者が徘徊して怪我などをしてしまうと、夜勤者の責任になってしまうことです。手のかかる利用者ばかりの施設は大変かもしれません。

夜中も徘徊し続ける、ろう便する(自分の便を触ったり、部屋を汚したりする行為)利用者の人がいたら、1人夜勤は大変です。夜中に便で汚れた服や部屋をたった一人で掃除するのは結構辛いです。

結果、人には向き不向きがありますから、利用者さんとのふれあいが好きな人は日勤。人付き合いがニガテでマイペースで仕事したい人は夜勤専門をオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする